何故歩く

アクセスカウンタ

zoom RSS 路面凍結にご注意を! 金峰山断念。茅ヶ岳に再び。

<<   作成日時 : 2017/02/18 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりの雪山山行。心弾ませ楽しみにしていた金峰山登頂計画。2年ぶり5度目のチャレンジです。

今年は、スタッドレスタイヤも装着し、雪山準備も万全!と気合十分です。

ちょっと気なるのは前日17日の気温上昇。4月並みの気温。
東京では20度を記録し、山の方も雪解けが進んだと思われ、凍結、ドロドロ悪路、雪崩など懸念が頭をよぎったものの、今から心配してもしょうがない。


そんな矢先、出発前からハプニングが・・・
3時に自宅を出発する予定が、重さん大寝坊で5時半頃の出発となってしまったのです。

過去の行程実績を考えると、8時に登山口に着けば、日没前には下山できる算段。
予定通り金峰山を目指し、登山口まではもう少しというところまでやってきました。

登山口までの坂道を車で登っていくと、道路がツルツルの凍結状態。
懸念していたことが的中。

しばらくは、凍結を物ともせずに登って行ったが、前方に3台の車が登行不能、チェーン装着していて、私の車もジ・エンド。

一度止まってしまった車は、チェーンがなければ、なすすべもなく、その坂道をバックで下ることしかできず、登山口まで行けずに敗退です。


この時点で8時を回ったとこと。
そうなると、CP(コンテンジェンシープラン)発動。

どこに向かうか悩んだ末に、以前歩いた茅ヶ岳に向かうことにしました。

ルートは前回とは違い、キャンピカ明野キャンプ場から登るルート。

金ヶ岳山頂には2時間ほど。そこから茅ヶ岳まで1時間の行程です。

このルートは北側斜面にある登山道なので、山頂近くになると凍結している箇所が多く、氷と岩のミックス斜面。

画像


しかも、登山道を踏み外すと、急斜面を転げ落ちるような箇所が多かったので、細心の注意が必要です。
とはいえ、アイゼンを着けるわけでもなく、登りであれば氷の上に足を置かないように注意して登れば問題ないでしょう。(逆に下りは怖そうです)

茅ヶ岳山頂は、以前きたときと異なり、山頂付近の木が刈り取られていて360度眺望が開けていました。甲斐駒ヶ岳を正面に南アルプスの山々、威風堂々八ヶ岳、聖域富士山がとても美しい。

画像


そして、本当ならそっちの頂にいるはずの金峰山もすぐ近くに(涙)

暖かければ、のんびりくつろいでいたい山頂の景色です。

画像


少し休憩を挟んで、早速下山。

帰路も歩いたことのない千本桜公園に下りるルートを下ります。

こちらのルートは雪も氷もなくガンガン下れました。


しかし、林道にに出たところで行く手を間違え、林道でプチ遭難。
急遽、計画を変更した登山だったために、行き当たりばったり、地図は持たずで困りました。

画像

(この標識のところを右にいくべきだったところを左に・・・)


人気はないは、熊出没注意の看板がそこらじゅうに貼ってあるわ、毛皮だけのようになった小鹿の亡骸が道にあるわ・・・

で不安な気分をさらに掻き立てられます。

1時間くらい彷徨って、最後はGPS頼みで、山道を外れ道なき斜面を登り切りやっと往路の登山道に合流。やっとのこさ車に到着できました。

GPSデータを貼ってみましたが、後半プチ遭難している複雑な軌跡がわかります。。。



想定以上に長い山行、登ったことがある山とはいえ油断禁物ですね。

ハプニング多い一日でしたが、久々ながら充実した山行を楽しめました。

今年は、もう少し歩きに行ければいいな〜






クリックくれると嬉しい!

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
路面凍結にご注意を! 金峰山断念。茅ヶ岳に再び。 何故歩く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる