何故歩く

アクセスカウンタ

zoom RSS 北アルプス一周の旅 vol5 「3/29 焼岳と福地温泉」

<<   作成日時 : 2017/04/04 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4日目の宿は奥飛騨温泉郷の福地温泉

奥飛騨温泉郷には、平湯、新平湯、新穂高、栃尾、福地、と5つの温泉がありますが、私自身一番馴染みのない名前の温泉です。

宿が12軒ほどのある静かな温泉街です。


今夜の宿は粋泉荘さん。

画像

画像


北アルプス焼岳のふもとにあって、部屋の窓から正面に見えています。
旅中、宿の窓からずっと北アルプスの名峰が見れて幸せです。


福地温泉の宿は、基本的に立ち寄り湯はされていないようですが、宿泊した人だけ他の宿の温泉にもらい湯に行けるというチケットが購入できます。

画像


源泉は1軒を除いて全て同じということなのですが、せっかくなので、さっそく私ももらい湯に出かけてみました。

長座の湯。

画像


長座までの道も誰とすれ違うわけでもなく、お宿を訪れてもお客様の気配がありません。

つまり、一番風呂で貸切ということです。

ということで、写真を一枚だけ失礼します。

画像


ヒノキと窓がなんともいい雰囲気。
独り占めしてのんびり長旅の疲れを癒します。

春休みの期間は、年間を通してもお客様が少ない時期で、私の泊まった宿も釣りに来ていた二人組のおじさんたちと私たちだけ。

画像


4日間の旅のクールダウンにはちょうど良く、静かでのんびりした時間を過ごします。



福地温泉には、古民家を改造した宿泊者用の足湯があったり・・・

画像
画像


小さな朝市が開催されていたり・・・

画像

画像


青だるという木からしたたる滝のような氷の造形を作っていたり・・・

画像


温泉郷の方たちが一緒になって、福地温泉を盛り上げておられます。

夏は一ヶ月にわたり縁日のような夏祭りも開催されているとのこと。

10組程度の宿泊客しかとまれない宿も多く、静かにゆるりと過ごすにはよいところだな〜と思いました。


長い旅路も、これでおしまい。

帰りは平湯トンネル、上高地を抜けて松本に。

ここでカーナビの軌跡と交差。北アルプス一周して、軌跡をつなぎました。

全走行距離は約800キロ


4泊5日の旅はこれにて無事完結です。

ひさびさの長い休み、長い旅路、次はどこに行こうかと心馳せながら帰路につくのでした。

画像


北アルプス一周の旅 vol1 「3/26 白馬岳と春スキー」

北アルプス一周の旅 vol2 「3/27 剱岳とホタルイカ」

北アルプス一周の旅 vol3 「3/28 穂高と高山の深山菊」

北アルプス一周の旅 vol4 「飛騨の家具ショールーム巡り」

北アルプス一周の旅 vol5 「3/29 焼岳と福地温泉」

クリックくれると嬉しい!

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北アルプス一周の旅 vol5 「3/29 焼岳と福地温泉」 何故歩く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる