何故歩く

アクセスカウンタ

zoom RSS 北アルプス一周の旅 vol2 「3/27 剱岳とホタルイカ」

<<   作成日時 : 2017/04/09 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

目が覚めて部屋の窓から外を眺めると、「あ〜想い出の剱岳」が見えている。
私の山登りの原点、目標としていた剱岳。

北アルプスの中でも北部に位置しているために、山の麓から眺められるのは富山辺りの日本海側。
なかなかお目にかかれない景色に、清々しい朝を迎えました。


あれから10年の月日が経ったと思うと、懐かしいやら、寂しいやら。
一緒に登った仲間は、今も元気にやってるだろうか。

剱岳登頂の想い出はこちら↓
http://kauchi.at.webry.info/200609/article_1.html

そんな想いに耽りながら富山県魚津に滞在。
何故に魚津に?と思うかもしれませんが、ちゃんとした理由があるのです。

それは、これ!

画像


ホタルイカ。


我々家族は、大のホタルイカ好き。
#ほんまかいな?

今がホタルイカの旬の季節なんです。
ホタルイカ漁や、海岸を埋め尽くす幻想的な青い発光。
それにホタルイカの身投げ。

今、この季節が旬なのです。

これは絶対にホタルイカに会いに行かなくては!

と魚津に宿をとったのでした。

とはいえ、ホタルイカが海岸で見れるのは新月の夜更け(0時以降だとか)。

さすがにそんな時間までお酒も飲まずに待ってられない!
ということで、手っ取り早く・・・

お隣滑川市にある「ホタルイカミュージアム」にやってきました。

画像


ホタルイカ漁ができる期間中は、ここで生きたホタルイカの展示と光る様子を見ることができます。
なぜ、期間中かというと、毎日ホタルイカ漁で捕れたホタルイカをこのミュージアムに運んでいるとか。
飼育して長生きさせるのが難しいのでしょう。

画像
画像


ということで、生きたホタルイカを見ること自体が貴重な体験です。

ちなみにホタルイカ漁のイメージはこんな感じ?

画像


残念ながら、ホタルイカが青く光っている写真は撮影できませんでしたが、漁を模して、青く光るホタルイカを見てきました。

小さな水槽にホタルイカが入っていて、部屋を真っ暗にした後、水槽の網をみんなで引き上げます。
刺激されると足と体にある発行体が青く光るのです。

ホタルイカふぇちにはたまらない体験でした。

応援お願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村

もちろん、夜はホタルイカを食しに町に出かけます。
駅前にある海風亭さん。


魚津近海の海の幸がたくさんいただけます。

定番のホタルイカの沖漬。
一匹のサイズがちょっと大きめです。

画像


そして貴重なホタルイカの刺身
刺身で食べれること自体めずらしいので、せっかくなので。

画像


げんげの天ぷら
北陸地方ではよく食べられているげんげ。
ぬるっとしていてゼラチン質。ふわふわした食感です。

画像


近海で取れるお魚の刺身。

画像



今夜も旨い肴に旨い酒。

日本海バンザイ!ホタルイカバンザイです。

こんな美味しい食事を前に、酒を控えてホタルイカ見に行くのは難しい・・・。


北アルプス一周の旅 vol1 「3/26 白馬岳と春スキー」

北アルプス一周の旅 vol2 「3/27 剱岳とホタルイカ」

北アルプス一周の旅 vol3 「3/28 穂高と高山の深山菊」

北アルプス一周の旅 vol4 「飛騨の家具ショールーム巡り」

北アルプス一周の旅 vol5 「3/29 焼岳と福地温泉」









クリックくれると嬉しい!

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北アルプス一周の旅 vol2 「3/27 剱岳とホタルイカ」 何故歩く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる