何故歩く

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供と潮干狩り2017「千葉 牛込海岸」

<<   作成日時 : 2017/06/04 23:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



「山に行きたい・・・それが叶わねば、せめて潮干狩り。。。」


前回書いた3年前のブログには、こんなくだりを書きましたが、今は前日に鋸山に登って、翌日潮干狩りと贅沢に(体力もついていっぱい)遊べるようになりました。

前回の潮干狩りデビューから、はや3年の月日が流れ、子供達も大きくなりました。
3年の前の潮干狩りレポはこちら。

改めて、「いざ、牛込海岸へ!」


ということで、3年前と同じく千葉県木更津市(アクアラインのふもと)にある牛込海岸にやってきました。

今回の潮干狩りもカレンダーも12時半。つまり、その2時間前の開始を目指して10時前に到着です。

すでに駐車場は多くの人で賑わっていて、みんな狩りの準備に追われています。

三種の神器の準備OK

マイそり
100均の熊手
椅子


レッツゴー!

画像

※開場したばかりで人が少ないですが、実際はめっちゃいます。

あさりは潮の流れがある場所の方が多いという事前の情報をキャッチして、極力沖の方へ出て行きます。
開始から時間が経てば、どんどん潮が引いて行き遠くまで海底が現れます。
まさに海が割れていくよう(笑)


時間とともに沖に移動していきます。

いろんなところを掘っていると、どうも金脈ならぬあさり脈らしきものがあって、当たりの場所を見つけると、ゴロゴロ出てきます。そして、そこを中心に線状にあさり脈が続いているような感じでした。

途中から夢中になってしまい沖に出て行くのを忘れてしまいましたが、まだまだ先に行ってみたかった気がします。

狩り人たちの網を見ていると、ハマグリらしき貝をゴロゴロ持っていた人がいたので、どこかにハマグリ脈もあると思われます。


さて、潮干狩り。
やっぱり夢中になってしまいます。
今回新たにやってみたのが軍手、ゴム手袋狩り

これいけます!

手を砂に突っ込んで、ガンガン掘っていけるし、手の感触でアサリを直接サーチします。
これ、やり始めたら神器の熊手は、もういらん!

どっちにしても、熊手は子供達の泥遊び道具になっているし。。。

大人2人と子供2名。
決して安いわけではないですが、併せて6キロまで狩り可能
今回も出口で計量されることなくパスしたので達してないものと思われますが、大量に狩れましたよ。

画像



子供も大喜び、大人も夢中。
※夢中になり過ぎて、ぜんぜん写真撮ってません。すみません。

潮干狩りってほんといいものですね。

ぜひ、みなさんも!レッツあさり狩り。

画像


応援お願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村

-------------------------------------------------
お役立ち情報

◇前売りチケット
前売り券が袖ケ浦、木更津近辺のコンビニで購入できます。
大人は100円引き。子供は50円引き。
到着前にぜひよるべし!

◇ペットボトル
前回はしっかり準備してたのに忘れました。ペットボトル。
やっぱり狩りの後は混雑します。
真水と持ち帰り(換え)用の海水を数本持って帰るべきだと思いました。

◇砂抜き
暗くすること。上げ底にして吐いた砂を再びあさりに吸わせないこと。
クーラーボックスに、ネコよけマット(100均)を敷いて海水を満たします。
そこにあさりを入れて帰宅。その間にいっぱい砂が抜けます。
海水を変えて翌日まで砂抜きすれば、完璧です。
きれいに洗って冷凍すれば、長くあさりが楽しめますよ!











クリックくれると嬉しい!

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子供と潮干狩り2017「千葉 牛込海岸」  何故歩く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる