何故歩く

アクセスカウンタ

zoom RSS 編笠山(2524m)〜八ヶ岳を歩く西岳周遊〜

<<   作成日時 : 2017/05/01 06:32  

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ゴールデンウィーク合間の5月1日。今日はお出かけするにはベストだろうと、山登りの許可申請を出して残雪残る八ヶ岳にある編笠山に出かけてきました。

富士見高原ゴルフ場にある登山口から、まずは西岳(2398m)を目指し、そこから編笠山(2524m)へ登頂するルート。
標高差1200mの結構きつそうなコースです。
観音平というところから登るルートが一般的で登山者が多いようですが、そこに比べると登山口の標高も200m低く、またコースタイムも長いことから体力が要りそうなコースです。

画像


また、登山者が少なく静かな山歩きが楽しめると・・・。

体力的にも気になりますが、前日の天気予報が、さらに気になります。
低気圧が近づき、午後から全国的に大雨、強風、落雷と、天候が荒れると。


夜明けと共に歩き始め、天気が荒れる前には下山したいと思っていたのですが・・・。

きっちり悪天候につかまりました(笑)

画像


山頂付近では、吹雪に近い降雪に見舞われ、岩稜地帯では強風にあおられ悪戦苦闘。
その後、下山中には大雨となり、久々の悪天候に恵まれました。

登り始めは晴れ間もあったのですが、その後、雪⇒強風⇒大雨と、天気移り変わりを楽しむ山歩きになりました。

画像
画像


登山道は、西岳、編笠のどちらも2200m近辺から残雪が残っていて、凍っているところも多数。
上り下りも足の踏み出しに気を使います。
※軽アイゼンを持参していたので、装着すればよかったのですが・・・。

画像


西岳から青年小屋においても残雪が多いです。
あまり歩かれていないこともあって、自身の重みで踏み抜き多数。
何度も足が雪に埋まってしまいました。

画像
画像
画像


基本的には平坦な登山道のはずなんですが、コースタイム以上にかかってしまいました。
人が歩いたトレースはありましたが、そのトレースもあっちこっち悩んで歩かれた様子が残っていました。(笑)

登山道の目印であるリボンの間隔が広いので、注意して歩かないと道に迷いそうです。

画像


他の登山者には青年小屋で4組の方に出会いましたが、その後は誰とも会わず。
おそらく、当日、西岳からの周遊コースを歩いたのは我々だけだったと思います。

不安になるくらい静かな山歩き。


頭の中も真っ白に、自然に同化したかのような境地、無心(放心?)状態で雨に打たれて山歩きを楽しみました。

悪天候、悪路に加えて長い距離を歩くコースでしたが、今年3回目の山登り?のおかげか元気に踏破できたのでうれしいです。

画像





--------------------------------------------
■日程 :2017/5/1
■標高差 :1200m
■パーティ:いつもの重さん
■歩程 :歩行時間/全行動時間:6:40/7:20

チェックポイント    到着   出発     所要時間
富士見高原登山口   -    5:05      -
不動清水        5:30    5:30     0:25
小広場(2138m地点) 7:10    7:15     1:40
西岳山頂(2398m)  8:00    8:10     0:45
青年小屋        9:20    9:35     1:10
編笠山山頂      10:10   10:20     0:35
富士見高原登山口 12:25    2:05
-----------------------------------------------





クリックくれると嬉しい!

にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
編笠山(2524m)〜八ヶ岳を歩く西岳周遊〜  何故歩く/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる